男性性病と梅毒

 

梅毒というのは細菌のトレポネーマが原因となって発症する全身性の性病になります。
この梅毒の症状には4つの段階があります。

 

第一期の梅毒症状が現れるまでには潜伏期間があります。
感染から3週間程度はこの第一期の症状がでるようになります。

 

性器に赤い硬結が見られるようになり、潰瘍へと変化するようになります。
その特徴としては痛みがなく、傷口からは液体が出るようになります。

 

2ヶ月程度が経つと梅毒症状は次第に見られなくなります。
梅毒の第二期症状というのは3ヶ月から3年の間になります。

 

身体中に痒み等が一切ない斑点が見られるようになり、股の付け根のリンパ節が腫れるようになります。
発熱や倦怠感、関節痛といった症状が出るようになることもあります。

 

第二期症状は感染から2年程度経過すると症状が見られなくなりますが、梅毒の原因となっている細菌トレボネーマは体内でしっかりと活動をしていますので、注意が必要になります。

 

この梅毒の第一期、そして第二期までというのは他人への感染力が強力な状態になっています。
第三期以降は感染力は少しずつ低下していくようになります。

 

梅毒の感染経路ですが、主に性行為によるものです。
その他の性病と同じように性行為や血液感染、母子感染などがありますが、梅毒に関しては性行為以外での感染というのは非常に稀です。